タリカに100の質問〜子供の頃編〜

少し間が空いてしまいましたが、100の質問、今日は過去編です。
どんな子供だったか?って質問、一人として同じ答えは返ってこない気がします。

我らがタリカの子供の頃の話を早速ご覧ください!

 

63:どんな子供だった?

いやそりゃもう扱いにくい子供だったと思う。
今なら完全にADHDくらいには分類されていると思う。
この時代に子供じゃなくてセーフって感じで。

友達と遊びまわったかと思うと家に何日もこもって絵を描いたり
してた。ご飯の時もお風呂に入る時も本を持っていって叱られて。
大人の言ってることの意味がさっぱり理解できなくて、
とんちんかんな子だってよく言われたかもw
勉強も全然面白くなかったし、生意気で反抗的で、口答えばっかり
しているわりには傷つきやすい子供だったわ。
今もたいして変わらないねw

64:小さい頃の夢は?

そりゃもう、歌手だのデザイナーだの、
あと、小説家とか!

65:小さい頃信じていたり勘違いしていた事は何?

世界を理解できなくてすべてのことを勘違いしてたかも….

66:小さいころ何をしていましたか

何って…..なに???

67:もっとも古い記憶は?

保育園からの帰り道、台風の時に傘をさして歩いてて、その傘と一緒に
ふわっと飛ばされそうになったっていうか、軽く飛ばされちゃったのね。
そのあとメアリーポピンズが大好きになったわ!

68:子供の頃の思い出で、いまパッと思いつくものは?

・コロボックルを探して、草むらとか家のすみっことか、見て回ってた。
・父が買ってきたマクドナルドのハンバーガーが臭くって、まずいんだけど、これが最先端の食べ物なんだ!と思って我慢して全部食べた。
・父が「原爆の歌」、だったか、そういうレコードを買ってきてあまりの恐ろしさに三日三晩熱にうなされて寝込んだこと。
・父に連れられて東京タワーでやってた「世界の拷問、蝋人形展」みたいなのに行った。今でもその光景は目に焼き付いて離れない。そして父は母にこっぴどく怒られていたこと。

思い返すと父ネタが多いことにびっくりw

69:不思議な体験があったら訊かせてください。

いろいろあるけどねぇ…
修学旅行で京都に行った時、まったく耳が聞こえなくなっちゃった瞬間があって、世界がしーんと静まりかえってしばらく不思議な音が鳴ってて、しばらくして普通に戻ったんだけど、その瞬間母が亡くなってたことがわかった。

一瞬母に呼ばれた、というか母の世界に一緒に行ったのかもしれないなぁと思うけど。考えてみたら、そのあと自分の魂をこの世に連れ戻すのに
だいぶお金と時間を使ってるねw
今となってはその時間が宝物になってるわけだけど。

いかがでしたか?「みんなちがって、みんないい」と言ったのは金子みすゞでしたっけ。
そんなことを思いながら読みました。

100の質問は、あと少しだけ続きます!

タリカに会いたい!もっと質問したい!そんなあなたへ・・・
会えますとも!7月18日〜19日に、長野・白馬で「青いシャクティ」を開催します!