「ベリーダンスの根底にあるものと、同じ」

2017年「女神の集い」スタッフのあさみです。
今回は昨年、関西の「女神の集い」に参加して、さらに女性としての潤いや輝きを増し活躍しているベリーダンサーのLeilaaさんの感想をお届けします!

京都のベリーダンサーLeilaaさん
HPはコチラ!

ワークのフライヤーを友だちに見せてもらって、そのフライヤーから放たれる香りのようなものに惹かれ、参加しました。

ワークでは身体をたくさん動かしますが、わたしは普段から踊りを教えているので、踊ることや身体を感じることには慣れています。でも、女神の集いの根底に流れる野性のような感覚は初めてでした。

自分が知りたかった何かがあるような直感があり、part3まで参加。その後は自ら感じているチャクラとベリーダンスの関係を掘り下げたくて、チャクラを通して自分の器を広げていく、半年間の「ライフトレーニング」まで参加しました。

ワークを通して感じたことは、タリカが伝えたいこととベリーダンスの根底にあるものは一緒だな、と。わたしは、ベリーダンスは宇宙から来たように感じています。最古のダンスで、それが受け継がれ今でもこうして世界中で踊られている。
そこには、女性たちに引き継ぎ続けられている素晴らしい叡智があるんじゃないかと。

女神のワークに出て、その思いが強まりました。形は違えど、元は同じもので、どちらもワンネスにつながっていくものなのではないかと思います。

ワーク中に教えてもらったタオの教え、木火土金水のフォームなどは自分のセルフケアに取り入れていますが、さらにエネルギーが整うようになった気がします。

とにかく現実的で、地に足のついたワークでした。
表面的な救いやスピリチュアルという感じではなく、しっかりと実生活に反映させることができる。
ポジティブなことだけが良いのではなく、ネガティブな面も必要だと頭では理解していたけど、ハートではなかなか味わうことができなかった。そこを経験できたのも大きいです。なかなか一人でそこまで到達するのは難しいので、このワークの大きな成果だと思います。

これからもわたしはベリーダンスを観たり、踊っていただいたりすることを通して、本来、女性全員が持つそれぞれの美しさやしなやかな強さ……真の女性性を体現できる、キラキラした女性を増やしていきたいと思います。